1. 沖縄の情報TOP
  2. 沖縄掲示板
  3. 雑談
  4. 心霊・オカルト掲示板
お名前:
※投稿すると、利用規約・ガイドラインに同意したものとなります。

心霊・オカルト掲示板 [25]

作成者:shinrei メール
作成日時:2011/11/04 15:15:08

幽霊から、UFOまで

不思議なことを書き込んでください!!

このトピックを・・・
 アラート設定 アラート設定   通報 削除依頼
※メッセージの削除依頼は投稿者の右にある 通報 をクリックして下さい。

メッセージを投稿する

メッセージの投稿

▼お名前:

▼メッセージ

利用規約・ガイドラインに沿った投稿をお願いします。

投稿メッセージを表示( 25 件中 1 件 〜 10 件目)
表示件数 : 10件 | 15件 | 20件
65 投稿者:しの 通報 投稿日時:2017/11/03 21:25:22
人とは他のものたちについて
人間ではない者の声が聞こえる。
1年ほど前から。
今の事態は6,7ヶ月。

街をうろうろさせようとする。
神に泥を塗るようなことを言う。
(書き込みしてるものは神を信じていない。)
体、口におかしなことされる。
口が勝手に動く。顎が勝手に動く。
苦しめという。
そして、口におかしな事をされる。
歯を抜くという。
痛みを感じるとそいつらは喜ぶ。
歯が抜けたかと聞いてくる。
バカにするようなことを言う。
神を信じろと言う。
食べ物を汚す。
同じことばかり言う。
話していることがめちゃくちゃ。
してることがめちゃくちゃ。
人殺し。

同じような声を聞いたことがある人は居ますか?

声の話。人殺し共の話。
場所、大阪。

あと取り下げるとかごちゃごちゃ言う。
他のものの話したことを取り下げるでどうにかなってると思っている。

人の思考に振り回されてるやつら


誰にでもおかしなことする 自分本位自己中心 他の者たちの評判落とす 病気をおもちゃにする
話を聞かない おかしなことする滅んで当然 精霊を殺すという 他人のせいにする 戯言、嘘言う 性悪 してることが悪
霊障を病気のせいにする 面白がって霊障引き起こす ただ霊障引き起こしてるだけ 霊障引き起こして死にたくないは都合良すぎ
おかしなことしてるどう言い訳しても意味ない
人を狂わそうとする

霊の人殺し共に殺される
霊障ひどい

霊障で状態悪い
霊障無かったら通常の状態
0

スポンサーリンク

64 投稿者:名無し 通報 投稿日時:2013/01/27 18:34:01
チョンシナ・フ―千葉ー
0
63 投稿者:名無し 通報 投稿日時:2013/01/27 18:32:18
ttp://blogs.yahoo.co.jp/sakanhirokazu/51516361.html
0

スポンサーリンク

56 投稿者:shinrei 通報 投稿日時:2011/12/22 17:47:26
エステに行った時の事。自分の実体験です。

うつ伏せになり背中をマッサージしてもらっていたら、ズシリと重い感じがして、冷や汗がびっしょり吹き出してきました。
でも、担当の方も初めてじゃないし、人柄もいいし、今日のマッサージも私の方が疲れているんだろうくらいに我慢していたら、どんどん意識が薄くなるほどの冷や汗。
エアコンも体に合わないなんてこと、そのエステでは絶対ありえない。
これはまずいことなのかもしれないとの実感は出てきました。

でもそうこうするうちに、金縛りに。声も出ません。
心の中で、般若心境だったかなんだか聞き覚えある御経の言葉をわけもわからず必死に唱えていました。
もうだめ、もうだめ、と意識が遠のく中、突然、私の右前方から光と御経の声が…。
それは実家の法事では聞いたこともない御経で、しかも、私が必死で念じていたものとも全く違う文言。
清々しい青年風の綺麗な声に「ああ、助かった」となぜかホッとしました。
その時でした、腰からうめき声を出しながら「何か」が出て行きました。
私の体がビクっとして、そのとき担当のエステティシャンが、
さっと部屋から出て行き、カーテン越しに何やらむせこんでいる様子がうかがえました。
それからはなんともなく、いつものエステです。
でも、二度とそこへは行かなくなりました。

何がなんだか、今でも分かりませんが、あの時の御経の声は今も記憶に残っています。
あの時のことを思い出すと、今も涙ぐむほど怖かったのと、御経を思い出すと胸がほわ~と温かくなります。
神事に詳しい方へ話したところ、「ご先祖さんじゃないか」と言ってくれました。
他人から、気軽に肌に触れられることの怖さを教えてくれたんじゃないかと。
お墓参りの度に本当にありがとう、ありがとう、と手を合わせてお礼しています。

私は手を繋いで違和感のある人とは、以後付き合わないようになりました。
肌を合わせて違和感がある人は決して自分に良くないことだと教わったのだと思います。
0
54 投稿者:shinrei 通報 投稿日時:2011/12/22 17:38:53
北九州・小倉。駅から徒歩5分ほど、非常に高い料金の公衆浴場が密集したところがある。
 その中に、10階建てぐらいの、けっこう大きなビジネスホテルがある。
 いろんな意味で便利なので、いつもそこに宿泊している。

 数年前のこと。
 夜中、何かざわついた声が聞こえたような気がして、ふっと目覚めた。
 廊下で誰かがしゃべっているような雰囲気。
「うっせーなあ……」
 ビジネスで利用する中年オヤジが多いホテルなので、酔っぱらいかと思ったのだ。
 だが、聞くともなく聞いているうちに、酔っぱらいがわめいているのとは違うように思えてきた。
 何か、ちゃんとしたことを話しているようだ。
 安い宿なので、部屋の中から廊下を見られるようなレンズはない。
 ベッドを出て、ドアに近づいて聞き耳を立てる。

「……昨今の政治情勢は、きわめて憂慮すべき状態で、現政権における指導力の無さは……」

 なんだ、これは?
 新聞の政治欄を朗読でもしてるのか?
 どこかの部屋からTVの声が漏れ聞こえてくるのではない。
 確かに、廊下で話している。
 やがて、その声がだんだん大きくなってきた。

「一方、野党側の弱体化も目をおおわしむるものがあり、単なる権力争いに堕落し」

 声は大きいのだが、トーンは平静のままである。選挙演説のような叫びではない。
 TVの政治解説者の話し方で、ボリュームを最高に上げたような感じである。
 ドアに耳をくっつけるまでもなく、いやでも聞こえてくる。
 ここにいたってやっと、
「廊下にいるのはアブナイ人間だ……」
 と確信した。
 そのとき、ドアのノブが「ガチャリ」と音を立てた。
 心臓が飛び上がった。
「この部屋に入ろうとしている!」
 ドアはオートロックである。そう簡単に入ることはできないが……
 数回ガチャガチャと回して、すぐに止んだ。
 ほっとした次の瞬間、

「どん!」

 とドアに体当たりしてきた。
「おい、冗談じゃないぞー!」

「どん!」
「どん!」
「どん!」

 体当たりのたびに、少しずつ少しずつドアの隙間が大きくなってきた。
 オートロックの他に、いつも用心のために掛け金をしているが、それもだんだん歪んできているようだ。

「外交問題も山積している状態で、国内のつまらないことに汲々としているような有様では」

 体当たりしている間も、例の政治解説は続いている。どう考えても、異常だ。

「どん!」
「どん!」
「どん!」

 ドアが、10センチもの隙間があくような状態になってきた。
 私はもう、ただ呆然とそれを見つめることしかできなかった……
          ・
          ・
          ・
          ・
 ………………私はベッドから体を起こした。
 心臓がバクバク言っている。
 真夜中の、ホテルの部屋だ。
「ゆめ……?」
 夢だったのか……?
 だって、さっき確かに起きあがって、ドアのところまで行ったじゃないか……
 震えが止まらない身体をむち打ち、ドアのところまで行く。
 掛け金も、蝶番も、異常ない。
 おそるおそるドアを開け、左右に延びる廊下を見る。
 誰もいない。

 普通の、真夜中のホテルの廊下であった。
1

スポンサーリンク

53 投稿者:shinrei 通報 投稿日時:2011/12/20 17:40:10


私たちの中学校は
中1の5月ごろ隣市の宿泊施設に
宿泊研修に行くのが恒例だったんですが

その部屋には
本人を含め女子5人

早朝、まだ起床時間ではないけれど
5人中4人が起きていたそうです

1人はベッドで趣味の絵を描き、
1人は起き上がってはいるけど
まだボーっとしていて

本人ともう1人は
寝ている子を起こさない程度の小声で
話していました

たまたま、ドアに視線をやったそうです

そのドアは結構高くて、
上部にガラスが取りつけてあったんですが

突如『バぁンッッッ』という鈍い音が
部屋に響き渡り、

そのガラスの部分から
人間の手がバッとのぞいたそうです

2人はすごい悲鳴をあげました

でも

「どうしたの???」

他の2人は何も見てないし、
音も聞いてなかったそうです

起床時間、
担任の先生が来た際に
その話をしました

その先生は体育の先生で180cmほどあったので、
試しに手を伸ばしてもらったら

ジャンプしても
指先がみえるかどうかくらい

中学校の体育教員だから、
ジャンプ力がない訳ではないのに

2人が見た時は、
手首くらい余裕で見えたのに


余談ですが、
その宿泊施設は経営難でつぶれて
翌年からは別の施設に行き始めたそうです
0
52 投稿者:shinrei 通報 投稿日時:2011/12/20 17:15:55
次男が生まれ、
産院から退院してきて10日ほどたったころでした。

寝室にはベッドを二つ並べ、
壁側にパパ、真ん中に2歳の長男、端にママ(私)と
「川の字とベビーベッド」で
並んで寝ていました。

ベビーベッドはママの横に、
赤ちゃんがすぐ見られるように置きました。

夜中にふと私が目を覚ますと
ベビーベッド周辺が
明るく金色に輝いています。

枕元に付けていた小さなライトを消し忘れていたのかな。

と、腰をかがめて、
赤ちゃんの顔を覗きこんでいる人がいます。

パパかな? と思いました。

その時、その人がこちらを振り向いて、
目が合いました。

やっぱりパパだ。


でも、

あれ?

おかしい。

髪が長髪でふわふわしている。

パパは短髪‥‥。


私はベッドのパパ方を見ました。
普通に、長男と並んで、寝ていました。

もう一度ベビーベッドの方を振り返りました。
すでに暗く、誰もいませんでした。
0
51 投稿者:shinrei 通報 投稿日時:2011/12/20 17:14:56
わが家は3人家族(両親と私)です。

あれは、私がまだ
小学校低学年だった頃だと思います。

実家は、今から20年ほど前に
中古で購入した一戸建てです。
玄関を入ってすぐ左手がリビング、
右手が洗面所とトイレと浴室、
正面にまっすぐな階段と
キッチンにつながるドアがあります。

ある夜、家族でケンカになり、
母が「出て行く!」と言って
家を飛び出して行ったことがありました。

「コートも着ないで?」と思った記憶があるので、
確か冬だったと思います。

父は私に
「心配しないで、とにかくお風呂に入って
 もう寝なさい。お母さんはお父さんが連れ戻すから」

と言い、私は言われたとおり、お風呂に入りました。

お風呂から上がり、
階段のある玄関ホールに出た時に、
階段に誰かが座っているのに気付きました。

父は、母を探しに外に行ったまま。

この家には私しかいません。

それは、確かに母でした。

階段の2、3段目に腰かけたまま、

身動きせず、

電気もつけずに、

こちらを見ている母。

表情は読み取れませんが、泣いているように見えました。

そして不思議に光っているように、
真っ暗な階段の中で
何となく白っぽく見えました。

「お母さん?」と声をかけて、
返事が返ってきた、と思ったら、

気づいたらベッドの中で朝を迎えていました。

起きて母に
「昨日、出て行かないで階段に隠れてた?」
と聞きましたが、
母は、昨晩家を出て、友人の家に行っていたそうです。
父と帰ってきたら私はもう寝ていたとのこと。

あれは、母の生霊か私の目の錯覚か、
それとも夢だったのか、何とも不思議な体験の記憶です。

時々思い出しては、
母に聞いてみるのですが、

全く記憶にないそうです。
0
50 投稿者:shinrei 通報 投稿日時:2011/12/15 17:49:56
室井さんが夜マンションに帰ってエレベーターに乗ろうとしたら一人の男性がエレベーターから降りてきたそうです。
帽子を目深にかぶって変な柄のシャツを着ており『何か気味が悪いな』と思ったのですが連日の仕事で疲れており
そのときはそんなに気にも留めず部屋に帰って寝たそうです。
次の朝早くインターホンが鳴り、こんな早くに何だろうと出てみると私服の警官が写っており昨晩このマンションで殺人事件が
あり聞き込みをしているとのことで、とっさに昨日の夜の男のことを思い出しました。よく考えてみると変な柄のシャツは血のシミ
だったようにも思え昨日の男が犯人かもと思ったのですが、仕事の疲れもありめんどくさい事に巻き込まれたくないので『何も見てません』と言うと警官は帰って行ったそうです。
疲れていたのでまた一眠りして昼ごろ起きてTVを見ていると犯人が捕まったというニュースが流れていたそうです。
その犯人の顔は、朝尋ねてきた警察官だったそうです。
つまり犯人が目撃者をさがしにマンションに来ていたということで、もし『犯人を見た』といって部屋に入れていたら・・・
0
49 投稿者:shinrei 通報 投稿日時:2011/12/08 16:42:42
友だちが出張で、とある地方のホテルに泊まったときの話。深夜寝ているときに「コン、コン」とノックがしたので、音のした窓のほうに歩いていきました。ここは5階、ノックなんて聞こえるわけないのに…と不審に思いながらもカーテンをあけると、そこには血まみれの男の人がへばりついていたそうです。あまりの恐怖に隣の上司の部屋に駆け込み、一緒に見てもらうと、誰の姿もなかったそうです。あまりの不自然さに、フロントに行き支配人を問い詰めたところ「以前ホテルの屋上から自殺をした人がいたそうです。けれど、飛び降りようとしたときにやはり死にたくなかったらしく、壁をひっかきながら落ちていったそうです」とのこと。彼はいまだに救いを求めているのです。
0

1 | 2 | 3 |

次の 10 件を表示

沖縄関連コンテンツ

沖縄ニュース

最近チェックしたトピ

掲示板カテゴリ

このトピックを携帯で見る

ヘルプ

おすすめ情報